すぐに眠くなる方法を一挙大公開!

眠くなる方法とぐっすりと深い眠りを手に入れる方法を教えます

睡眠で悩む人は、「眠くなる方法が知りたい」という寝つきの悪い人と「深い眠りによってスッキリと疲れを取りたい」という眠りの浅い人の2種類がほとんどです。当サイトでは、生活習慣や食事、サプリメント、寝具などありとあらゆる角度から、夜すぐに眠くなる方法や深く眠る方法について調査した内容をまとめています。少しでも皆さんの快適な睡眠のお役にたてれば幸いです。

【特集】眠くなる効果と深い眠りをサポートする快眠サプリ私的TOP3

ここでは眠くなる効果や眠りを深くしてくれる成分を配合しているサプリメントを特集します。サプリメントの良いところは、他の眠くなる方法に比べて、飲むだけでカンタンなので無理なく毎日続けることが出来、再現性が非常に高いことです。そんな魅力的なサプリメントをランキング形式で3位までご紹介しますので、よろしければ参考にしてください。

北の大地の夢しずく
夢しずくはアスパラガスから抽出した安眠成分の他に、ギャバ、ホップエキス末、クワンソウエキス、トレハロース、クエン酸、安定剤(大豆多糖類)など有名な安眠効果が期待できる栄養成分が豊富に含まれています。

 

飲んでから30〜120分程度で眠くなる効果を実感できるなど、効果を実感できるのが早いのも大きな特徴です。睡眠に関する専門的な知識を持ったアドバイザーが購入後もサポートをしてくれるので安心です。

 

味はグレープフルーツですので飲みやすく、毎日続けることが出来ます。価格は単品購入で3790円ですので1日あたり120円程度で毎日の睡眠の質を改善することが出来、大変オススメです。

価格 主成分 評価
3790円 酵素処理アスパラガス抽出物など 眠くなる方法,すぐに,眠れる,方法,深い,睡眠眠くなる方法,すぐに,眠れる,方法,深い,睡眠

眠くなる方法ナビ|すぐに眠れる方法と深い睡眠のアドバイス

 

 

 

 

 

グッドスリープ
グッドスリープは眠くなる効果や安眠効果があるとして有名な「セロトニン」の生成や分泌を促す成分に加え、リラックスして深い眠りへと導くギャバを中心に、その他有名な安眠成分を含む人気のサプリメントです。

 

100%食物成分にこだわっており安心して利用できる事や快眠効果の高さからモニターテストでの満足度が92%を超える優良サプリメントといえます。

 

ただし、その分価格は他の快眠サプリメントと比べると倍以上の10700円となっています。毎日、毎月続けることを考えると少々お高くなっていますので、お財布と相談してから申しむといいでしょう。

価格 主成分 評価
10700円 ギャバ・グリシンなど 眠くなる方法,すぐに,眠れる,方法,深い,睡眠眠くなる方法,すぐに,眠れる,方法,深い,睡眠

眠くなる方法ナビ|すぐに眠れる方法と深い睡眠のアドバイス

 

 

 

 

 

これがナイト
これがナイトはサプリメント業界では有名な健康家族が販売をしている快眠サプリです。ホップやギャバ、アマニ油など有名な安眠成分をしっかりとカバーしており、カプセルも含めて全て自然由来の植物性ですので安心して利用することが出来ます。

 

これがナイトの一番の特徴は、快眠効果はもちろんの事、やはりリーズナブルな価格設定です。単品購入の場合でも1カ月分3024円と他のサプリメントと比べても安く1日あたり100円程度の計算です。定期購入の場合は、最安2419円となっています。

 

毎日、毎月使い続けることを考えると値段が安いことはとても重要です。価格を最重要視する人には一番オススメできるサプリメントです。

価格 主成分 評価
3024円 アマニ油・ギャバなど 眠くなる方法,すぐに,眠れる,方法,深い,睡眠眠くなる方法,すぐに,眠れる,方法,深い,睡眠

眠くなる方法ナビ|すぐに眠れる方法と深い睡眠のアドバイス

 

 

 

 

【ワンポイントアドバイス】快眠サプリの選び方

▼眠くなる効果と安眠効果の両方が期待できる商品を選べ

 

いい睡眠をする為には、寝つきが良くなることと深い眠りをすることが重要です。サプリを選ぶ際にはこの両方の効果が期待出来るものを選びましょう。仮に快眠効果だけあったとしても、なかなか寝付けずに寝る時間が遅くなってしまうと快眠効果さえ享受することが出来なくなってしまいますし、反対に、寝つきだけよくなっても眠りが浅くては全く疲れが取れないということになります。

 

▼価格は非常に重要

 

病気を治す為のサプリや目標体重に届いたら使用をやめるようなダイエットサプリと違い、快眠サプリは毎日、長く使うものでありますので、続けやすい価格であることが非常に重要です。全く眠くなる効果が無いとか眠りが浅いままのサプリではいくら安くても意味がありませんが、いくら効果が高くても値段まで高くては継続して利用することが出来ないので注意が必要です。

 

▼口コミチェックは重要だが信じすぎない

 

本当に優良な商品を選ぶためには実際に利用した人の声やデータを参考にすることが非常に重要です。しかし、睡眠というのは、ダイエットサプリで●●キロ減!とか、血糖値がどれくらい下がったとか、具体的な数値で効果を計るものではありません。多くの利用者の感想はあくまでも主観であり、スッキリ眠ることが出来たかどうか、実際に眠くなる効果があったかどうかは、本人の感覚でしかありません。口コミのチェックは最低限は必要ですが、あまり気にしすぎずとりあえず自分で購入して試してみようというくらいの姿勢も大切です。

眠りを味方につけると仕事の効率もアップ

睡眠を上手にとれるようになると翌日の集中力が段違いですから、仕事も捗ります。仕事中に眠たくなってしまう人や起きてはいるものの集中が出来ないという人はたいていの場合、睡眠時間が足りないか、十分寝ていても眠りが浅いかのどちらかです。

 

仕事を夜遅くまで頑張るのは大事なことですが、最終的にこなせる仕事の量やクオリティを考えるなら早めに仕事を切り上げて早めに寝てしまうのも一つの選択肢です。

 

仕事は自分だけですることではありませんから、会社の都合で買えれないこともあるかとは思いますが、同じ時間だけ仕事をするのであれば朝早く出勤して夜は早く眠れるように周囲の人や上司、会社の人に相談してみるのも一つの手です。(もちろん、社内の出雰囲気など、リスクはありますが・・・。)

 

結果として仕事の効率が上がって会社により貢献できるのであればしっかりと睡眠をとることが出来るほうが双方にメリットがあります。割と規則などに関して寛容な会社なら相談してみる価値はあるでしょう。仕事でさらに上を目指すには睡眠の問題は切っても切り離せないことを頭に入れておきましょう。

資格や受験勉強をしている人にも睡眠は重要

資格や受験の勉強をしている人にとっても睡眠は非常に重要な役割をすると言われています。資格や受験勉強には頭で考える試験も多いですが、やはり一番多く勉強しないといけないのは暗記項目です。暗記をするのであればやはり集中力が必要でありそのためには十分な睡眠が必要ということになります。

 

翌日の勉強効率を上げる為にも睡眠は重要な役割を果たしていることがわかりますが、その日勉強したことを寝ている間に復習しているという説もあります。つまり、今日勉強した内容を翌日まで、もっと言えば試験など記憶力が必要とされる時まで覚えていられるかどうかは、その日の夜の睡眠の質に大きく左右される可能性もあるのです。

 

どんなにたくさん勉強しても、どんなにたくさんのことを暗記しても、どんなにたくさん頭を使ったとしても、その日の睡眠時間が十分でなかったり、睡眠の質が低すぎる場合には勉強したことが上手に脳に記憶されない可能性もありますので、やはり勉強をする人にとっても睡眠は大切なのです。

 

試験が近くなってくると必死で勉強して頭に詰め込んで暗記しようとする人も多いのですが、何度も反復して暗記しようとするよりも一度だけ勉強して、すっと眠ってしまった方が良い場合もあるかもしれませんので、自分の記憶力について、しっかりとして睡眠をとれた場合と、取らなかった場合で検証してみるのも面白いかもしれません。

不眠はうつ病とも大きな関係がある

不眠症になる人はうつ病の人がとても多いです。精神安定剤として処方される薬が不眠症の薬として処方されることもありますし、その境界線がわからないくらいです。うつ病だから不眠になるのか、不眠症が続いてうつ病になってしまうのか、どちらが先なのかは定かではありませんし、個人差のあることなのでしょう。しかし確実に言えるのは、不眠、睡眠というのはうつ病に関わらず私たちの精神と大きなかかわりを持つということです。

 

不眠症でなくても、十分な睡眠時間が取れない場合や睡眠の質が低い場合日々が続くようであれば、精神的にもどうしても塞ぎ込みがちになります。体力的にも辛くなってきますので、そのことによって間接的に精神的ダメージを受けることもあります。

 

そんなことが続くうちに精神が耐えられなくなってうつ病になってしまう人も多く、もともとあまり眠れていなかった人がうつ病を発症することによって、さらなる不眠になってしまうこともあります。うつになって不眠になる、その結果さらに精神的においやられてうつ病が悪化する、そしてさらなる不眠になってしまうという負のスパイラルになってしまうと非常に厄介です。

 

うつ病や不眠症というのは、本人にもあまり自覚がない場合も多いですし、そもそも定義があいまいですので、気づいていないことが多いのですが、気が付いていたとしてもちょっと寝不足かな?とか、少し最近気分が晴れないなあ、くらいの認識で一向に現状の睡眠が改善されずに、いつの日か一気に不眠になってしまったりうつ病になってしまったりということもあり得ない話ではありませんので、少しでも自覚がある人は今の睡眠を見直してみる必要があります。